見出し画像

【オススメの本】 あなたの背中を押してくれる3冊

頑張っても報われない。
自分に自信をもてない。 

うまくいってる人を見て、
うらやましくなったり。
自分の置かれている環境に、
さびしさを感じたり。

誰だって、くじけそうになってしまうもの。

そんなときに読んでほしい
「やっぱりそれでいいんだ!」
あなたの背中をそっと押してくれる3冊を
読者の声とともにご紹介します。



【背中を押してくれる本❶】

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

著:ジュリア・キャメロン(作家)

˗ˏˋ本当は○○がしたかった!人へˎˊ˗

子どものころにあった
「夢中になれること」や「将来の夢」。

大人になるにつれ、
自分の才能を信じられなくなり
いつのまにか夢中だったことを
忘れてしまいます。

本書は、わたしたちの内側に眠る、

「やりたい!なりたい!ことを
自由に想像できた子どものころの私」

を見つけ、育て、
充実した人生を
歩くための指南書です。

今からだって
もっと自由に生きていいんだ!

絵を描く、一人で旅する、好きな服を着る…
あなたの「ずっとやりたかったこと」
は何ですか?

-読者の声-

生まれ変われるような気がした。
少しだけ何か、
人生が変わるような気がして、
明るい未来を夢みてもいいのかな…
と思った。

(33歳 女性)
----------------------------

自分と向き合うきっかけになりました。
どうやったら向き合い、
理解できるか分かりました。
この本と出会えてよかったです。
大げさかもしれませんが
新たな人生のスタート地点に
立ったような気持ちです。

(23歳 女性)
----------------------------

なにごとにも後ろ向きになっていた
私の人生を、
クリエイティブな手法で
背中を押してくれました。
この本は私の人生を変えてくれました。

(27歳 女性)
----------------------------

一般の生き方指南書とは違い、
とても具体的な
心のよりどころになる本だと思いました。
初めてふれるような考え、
心のどこかで感じていたことが
はっきり言葉に書かれていることなど、
とてもすばらしい長く読みたい本です。

(45歳 女性)



【背中を押してくれる本❷】

『ほどよく距離を置きなさい』

著者:湯川久子(弁護士)

˗ˏˋ人間関係で息苦しい…人へˎˊ˗

こんな時代だからこそ、
知っておきたい
人との「距離感」のはなし。

著者は、九州第 1 号の女性弁護士として
福岡市に開業してから、
離婚や相続といった
人間関係の「もつれ」を
ほどいてきた湯川久子さん。

1 万件を超える相談案件を
通して見えてきた、

「人が心地よく生きていくために
必要な距離感」

について説きます。

多くの相談者が
「話すだけで心が軽くなった」
と信頼を寄せる湯川さんの
生き様から紡ぎ出される
人間関係を心地よくするコツ。

人と距離を置くって大切!
じんわり心に染みわたる 1 冊です。

-読者の声-

人と接する時に必要な
距離の取り方を学びました。
過去にとらわれていたら、
未来は開けないので、
人間関係にもしなやかな心を
持って生きていこうと、
思えるようになりました。

(42歳 男性)
----------------------------

本にメモとしてつけた「ふせん」が
何十枚にもなりました。
初めてふれる考えや、
心のどこかで感じていたことが
はっきり言葉にされていて、
長く読み続けたい本です。

(45歳 女性)
----------------------------

人間関係で悩んでいましたが、
この本を読んで前を向けました。

頭では分かっていたけど
なかなかできなかったことに対して、
「やってみよう!」
と背中を押された気分です。

(47歳 女性)




【背中を押してくれる本❸】

『新版 科学がつきとめた
運のいい人』

著者:中野信子(脳科学者)

˗ˏˋ運がよくなる習慣を身につけたい!人にˎˊ˗

「運のよさ」は
生まれつき決まっているものではなく、
毎日の「習慣」によって決まります。

大切なのは
何を考え、
どう行動するのか。

いま大注目の脳科学者
中野信子さんが解説します 。

「運って自分で変えられるんだ!」
と勇気の出る1冊。

習慣を変えることで、
あなたの人生が劇的に動き出します。

-読者の声-

運がいいと思っている人も、
悪いと思っている人も、
遭遇している数は同じという事実に
大変びっくりしました。
起きたことに対する考え方次第で
人生って
大きく変化するものだなと感じました。
この本がきっかけで
さらに運に興味をもちました。

(28歳 女性)
----------------------------

体調が良くない毎日に、
この本を読んで胸のつかえが
すっと抜ける気がしました。
『不安は「生理現象」と割り切る』
目から鱗でした。

(66歳 女性)
----------------------------

今までの人生を振り返ると
「何で自分はこんな目に
遭わなきゃいけないんだ」
と、他人のせいや環境のせいに
することが多かったです。
しかし、本当は人生には
いくつものチャンスが転がっていたのでは?
と思えるようになりました。

(59歳 男性)



Photo by Shutterstock


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!