見出し画像

決めつけ、事実、真実の本当の違いを知っていますか

何事においても事実かどうかを確かめずに自分で決めつけてしまうなど、物事を憶測で判断するのは危険なことです。噂に流され、嘘やデマに騙され、人間関係や信頼、財産を失ってしまうかもしれません。

かといって他人の真実を変えようとするのも無駄なこと。決めつけ、事実、真実はそれぞれ何がどう違うのでしょうか。

自費出版から異例の全米ベストセラーとなった『THINK STRAIGHT』の邦訳版で、意思決定のスキルや集中力、精神の明晰さを手に入れるのに役立つ考え方やテクニックを盛り込んだ『まっすぐ考える 考えた瞬間、最良の答えだけに向かう頭づくり』から一部抜粋、再構成してお届けします。

『まっすぐ考える 考えた瞬間、最良の答えだけに向かう頭づくり』(サンマーク出版) ダリウス・フォルー
『まっすぐ考える 考えた瞬間、最良の答えだけに向かう頭づくり』


◎オススメの記事


「事実」を見る

 私は「勝手な決めつけ」が嫌いだ。そんな私でも、実際はあらゆることに対して勝手に決めつけている。

 たとえば、メールの返事がなかったりすると、私のことなどどうでもいいと思っているのだろうと決めつける。誰かが私に対して謝罪すると、どうせ本気の謝罪ではないと決めつける。頭が痛くなると、何かの病気だと決めつける。

 これらの思考はすべて実用的ではない。なぜなら、決めつけと事実は違うからだ。

 明晰思考を実践したいのなら、勝手な決めつけをすべて捨て、事実だけを見なければならない。

 この姿勢をいちばん的確に表現しているのは、プラグマティズムの生みの親ウィリアム・ジェームズの言葉だ。

「プラグマティズムがまず重視するのは確固たる事実だ。その事実を前提にして個別の事例における真実を観察し、そこから一般論を導き出す」と彼は言う。 

 もっとわかりやすく説明するために、意思決定の2つの方法を見てみよう。1つは事実に基づく意思決定、もう1つは決めつけに基づく意思決定だ。

・あなたの製品は問題を解決するか? それとも解決すると決めつけているだけか?
・あなたは自分のスタートアップのために資金を調達することができるか? それともできると決めつけているだけか?
・昇給はあるだろうか? それとも上司は昇給してくれるはずだと決めつけているだけか?
・この営業は成功するか? それとも顧客が契約書にサインするはずだと決めつけているだけか?
・あなたの芸術作品は評価されるか? それとも評価されるはずだと決めつけているだけか?

 私はできるかぎり決めつけを避けるようにしている。ただ事実だけを見て、そこから結論を導き出したい。

 とはいえ、事実をあてにできないときはどうすればいいのだろう? たしかに、どうしても事実が見つからないこともあれば、ぐずぐずしていないですぐに決めなければならないこともある。そういったケースはごくまれではあるが、もしそうなったら、私は自分の直感を信じることにしている。

 いずれにせよ、他人の勝手な決めつけに左右され、自分の思考を無駄づかいするようなことは絶対に避けなければならない。

「説得」しようとしてもムダ

 しかし、ここで1つ、疑問が浮かんでくる。事実と真実は同じものなのだろうか? 答えは「ノー」だ。

 混乱するのはよくわかるが、これも人生と同じと考えてみよう。たとえば、はたして神は存在するだろうか? 私に答えはわからない。神が存在するという証拠は一度も見たことがない。しかしだからといって、神は存在しないことになるのだろうか?

 ここで私がどう思うかは関係ない。あなたの人生がたしかに神から影響を受けているというのなら、科学者が何と言おうとも、あなたにとって神は「真実」だ。

 ドイツ人の哲学者で、西洋哲学に多大な影響を与えたフリードリヒ・ニーチェは、こんな言葉を残している。「この世に事実は存在しない。ただ解釈があるだけだ」

 ニーチェは自分自身を知り尽くした人物だった。心理学者のジークムント・フロイトは、そんなニーチェに感心し、「彼ほど自分自身を深く理解した人物はかつて存在せず、これからも存在しないだろう」と言った。ニーチェの思考は非常に分析的だった。そして自分自身の思考が対象になると、その分析は特に鋭さを増す。

「この世に事実は存在しない」というニーチェの言葉が意味するのは、人間である私たちにとって、現実とは究極的に「自分の解釈した現実」でしかないということだ。この現実を客観的に確認する方法は存在しない。

 しかしだからといって、この世にたしかなものは何一つ存在せず、誰もが大きな夢の中で生きているという意味ではない。ただ、「事実と真実は違う」という認識を忘れてはいけないということだ。

 事実と真実は違うということを知っているだけで、かなりのエネルギーを節約することができる。なぜなら、真実と事実が違うなら正解も間違いもないということであり、それを理解していれば、自分とは違う「真実」を信じている人をわざわざ説得しようとは思わなくなるからだ。

 他人の真実を変えようとするのは、まったくの無駄な努力だ。もっと他の役に立つことのために貴重なエネルギーを使うようにしよう。

<本稿は『まっすぐ考える 考えた瞬間、最良の答えだけに向かう頭づくり』(サンマーク出版)から一部抜粋して再構成したものです>

【著者】
ダリウス・フォルー(Darius Foroux)
ベストセラー『THINK STRAIGHT』『What It Takes To Be Free(自由になるために必要なこと)』を含め7冊の著作がある。2015年にブログを開設し、6つのオンラインコースを創設。人生、ビジネス、生産性、資産形成に関する考えを執筆している。
『タイム』誌、NBCテレビ、『ファスト・カンパニー』誌、『オブザーバー』紙など、多くのメディアで特集が組まれ、その思想や活動が紹介された。ブログの読者は月間50万人を超え、記事の購読者は3000万人以上になる。

【訳者】
桜田直美(さくらだ・なおみ)

Photo by DALL-E

◎関連記事


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!