マガジンのカバー画像

Life – 人生

119
Life – 人生
運営しているクリエイター

記事一覧

稲盛和夫「人生を生き抜くためのシンプルな知恵」

稲盛和夫「人生を生き抜くためのシンプルな知恵」

「もし挫折も苦労もまったく知らず、順風満帆な人生を歩んできたとしたら、自らの心を磨こうという努力をすることもなく、また他人の気持ちを汲み取ったりいたわったりすることのできない人間になっていたことでしょう」

 2022年に90歳で逝去された稲盛和夫さんは、2019年刊の著書『心。』でこう述べていました。稲盛さんが説いた、人生の生き抜き方とは?

人生を生き抜くためのシンプルな知恵

 この世に生を

もっとみる
小くよ100 今日が人生最後の日だと思って暮らそう

小くよ100 今日が人生最後の日だと思って暮らそう

 人の命には必ず終わりが来ます。ただ、それがいつ来るかはわからない。だから今、生きている今日の時間がとても大切なのです。

 『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届けしてきましたが、本日がついに最終日。

 100日目は「今日が人生最後の日だと思って暮らそう」

今日が人生最後の日だと思って暮らそう

 あなたはいつ死ぬだろうか? 50年後、20年後、10年後、5年後

もっとみる
小くよ99 自分のための時間をつくる

小くよ99 自分のための時間をつくる

 読書やスポーツ、勉強などによって自分の内面を磨きたいけど、日々の仕事や家事で忙しくて時間が取れない。

 そう思うのも無理もないことかもしれませんが、それでも自分のために時間を取ると決めてみると?

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 99日目は「自分のための時間をつくる」

自分のための時

もっとみる
小くよ98 平凡のなかに非凡を見いだす

小くよ98 平凡のなかに非凡を見いだす

 今、自分がやっている仕事はつらいし、安月給だし、つまらない。そんなふうに思うことがあるかもしれませんが、視点を変えてみると、色褪せて見えていたことが光り輝くかもしれません。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 98日目は「平凡のなかに非凡を見いだす」

平凡のなかに非凡を見いだす

 ある

もっとみる
小くよ97 おせっかいをやくな!

小くよ97 おせっかいをやくな!

 知人・友人、同僚など身の回りの人に対して「こうあるべき」というふうに思うことがあるかもしれません。でもそれは余計なおせっかいです。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 97日目は「おせっかいをやくな!」

おせっかいをやくな!

 自分の習慣や人生のさまざまな問題や矛盾や悩みごとに対処する

もっとみる
小くよ96 「あるがまま」に心を開く

小くよ96 「あるがまま」に心を開く

 自分の人生に対する理想があって、それがその通りに実現できている人がどれだけいるでしょうか。思い通りにならない身内も、そこからの小言もあるがままに受け入れると、人生の見方が変わってきます。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 96日目は「『あるがまま』に心を開く」

「あるがまま」に心を開く

もっとみる
小くよ95 直観を信じる

小くよ95 直観を信じる

 過去の決断を振り返って、違う選択をすればよかったと思ってしまうことがある――。

 気持ちはわからなくもないですが、その時に自分なりの直観があったならば自分を信じていいでしょう。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 95日目は「直観を信じる」

直観を信じる

「なぜあのときああしなかった

もっとみる
小くよ94 「いちばん大切なことはなにか?」

小くよ94 「いちばん大切なことはなにか?」

 日々のさまざまなことに追われていると、自分が本当は何を大切にしているかを忘れて行動してしまいがちです。

 『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 94日目は「いちばん大切なことはなにか?」

「いちばん大切なことはなにか?」

 日常のあわただしさや責任の重さに圧倒され、私たちはとかく道を見失って流されたままになりがちだ。

 いったんそうなると、心の奥で

もっとみる
小くよ93 「モア・イズ・ベター」という考え方を捨てる

小くよ93 「モア・イズ・ベター」という考え方を捨てる

 欲しかった服を買った。念願の車を手に入れた。家を買った。美味しいレストランで食事を堪能した。運命の相手と結ばれた。仕事の目標を達成した――。

 十分に幸せなはずなのに、満足せず「もっと」求めてしまう人がいます。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 93日目は「「モア・イズ・ベター」という

もっとみる
稲盛和夫「『考え方』を変えれば人生は180度変わる」

稲盛和夫「『考え方』を変えれば人生は180度変わる」

 「考え方次第で人生は決まってしまうといっても過言ではありません」

 2022年8月に90歳で逝去された稲盛和夫さんは生前に著書『生き方 人間として一番大切なこと』で、こう述べていました。 

 稲盛さんが心のあり方や生きる姿勢、哲学、理念や思想などを含む「考え方」の大事さを強く説いた理由とは?

「考え方」を変えれば人生は一八〇度変わる

 人生をよりよく生き、幸福という果実を得るには、どうす

もっとみる
小くよ92 思考のパワーを自覚する

小くよ92 思考のパワーを自覚する

 頭に来たことを思い出した。どうにもうまくいっていないことを延々考えている。あの人のことを羨ましく思って自分が嫌になった――。

 こうした感情を生み出すもとになるのは自分自身の思考です。そこに気づいてみると?

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 92日目は「思考のパワーを自覚する」

思考

もっとみる
小くよ91 人生を愛で満たそう

小くよ91 人生を愛で満たそう

 自分は愛されていない――。

 そう考えてしまったら、発想を転換する時です。

 『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

91日目は「人生を愛で満たそう」

人生を愛で満たそう

 愛に満たされた人生を望まない人にはお目にかかったことがない。そんな生き方をするには、まず自分から愛する努力をしなければならない。相手が愛してくれるのを待つのではなく、自分が愛の源に

もっとみる
小くよ90 この一幕もまた過ぎていく

小くよ90 この一幕もまた過ぎていく

 人生には楽しいこともあれば苦しいこともあります。ただ、それぞれ永遠に続くことはありません。

 『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 90日目は「この一幕もまた過ぎていく」

この一幕もまた過ぎていく

 これは私自身の生き方に取り入れている戦略。いいことと悪いこと、喜びと悲しみ、成功と失敗、名声と恥辱……すべて現れては消えていくことをつねに思い出すための

もっとみる
小くよ89 	人が投げたボールをすべてキャッチすることはない

小くよ89  人が投げたボールをすべてキャッチすることはない

 家族や知人、上司・同僚から色んなことを頼まれて身動きが取れなくなった。忙しいとき、相談を持ちかけられてパンクしてしまった――。そんな経験がある人は少なくないでしょう。

 すべてに応えたくなるのが人情ですが、その必要もありません。

 2月にスタートした「Sunmark Web」の特別企画として『新版 小さいことにくよくよするな!』が説く格言を100日連続でお届け。

 89日目は「人が投げたボ

もっとみる