マガジンのカバー画像

Heart & Body – 心と体

26
Heart & Body – 心と体
運営しているクリエイター

記事一覧

「努力と我慢が足りない」と頑張ってしまう人ほどポキンと折れてしまう理由

「努力と我慢が足りない」と頑張ってしまう人ほどポキンと折れてしまう理由

 我慢強かったり、忍耐強かったりする人のメンタルが実は「強くない」ことをご存知でしょうか?

 頑張って努力することは大事ですが、人間は疲れた体を休ませようとして、疲労感が強くなったり、うつっぽくなったりすることがあります。これは体調を突然崩すなど不慮のダメージを受けて、本能が「休め」とSOSを出しているのです。

 そこで、もっと頑張ってしまうのが「子どもの心」。対して「大人の心」を持っていれば

もっとみる
寝つきがいい人と悪い人を分ける「たった2分」の重み

寝つきがいい人と悪い人を分ける「たった2分」の重み

「ベッドに入ってもなかなか眠れない」という寝つきの悪さを訴える声は少なくありません。

 では実際、寝つきが悪い人とすぐ眠れる人では、入眠にかかる時間にどれだけの差があるのでしょうか?

世界最高峰の睡眠研究をもとに「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」を実現する超一流の眠り方を解説したロングセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』よりお届けします。

「よく眠れる人」と「眠れない人」の差はわずか2分

もっとみる
43歳の彼女が「いくら休んでも休めた気がしない」本当の原因

43歳の彼女が「いくら休んでも休めた気がしない」本当の原因

 夜なかなか寝付けない。朝起きたときに疲れが取れていない。それらによって気分が晴れない――。

 睡眠になんらかの問題、悩みを抱えている人は少なくありません。眠りたくても眠れない理由とは? 43歳のメーガンさんの事例をもとに考察。『回復人 体中の細胞が疲れにつよくなる』よりお届けします。

「体内時計」を修復する

 メーガンはぐっと涙をこらえた。43歳になる彼女は、いくら休んでも休めた気がしない

もっとみる
食後に眠くてだるい人を襲う「糖質疲労」を放置してはいけない理由

食後に眠くてだるい人を襲う「糖質疲労」を放置してはいけない理由

「糖質疲労」という言葉は聞き慣れないが、それもそのはず。これは糖尿病専門医である『糖質疲労』の著者、山田悟氏が、アスリートやビジネスパーソンの方々と接する過程で気づいた概念なのだそうだ。

 そこで、まずはそれがどのようなものであるのかを確認しておこう。

「糖質疲労」とは

「食後高血糖」とは、文字どおり“食後の血糖値(正常140mg/dℓ未満)”が高いこと。いうまでもなく、健康診断で測る「空腹

もっとみる
我慢強い人ほど耐えきれず「うつになる」という逆説

我慢強い人ほど耐えきれず「うつになる」という逆説

 「これさえやれば最強のメンタルを手に入れられる」と言われるようなことを求める人こそ、どんどんメンタルが弱くなっていきます。

 逆にどんどんメンタルが強くなるのは“大人の心”を持っている人。メンタルが強いというと、我慢強かったり忍耐強かったりをイメージするかもしれませんが、それは“子どもの心”の強さです。

 子どもの頃に大人から“人間とはこうあるべき”と植え付けられて、それを守って頑張れば結果

もっとみる
【糖尿病】たった3週間で発病も、炭水化物の悪面

【糖尿病】たった3週間で発病も、炭水化物の悪面

 メタボリックシンドロームに合併しやすく、放置すると肝炎などを引き起こす脂肪肝。肝臓に中性脂肪がたまった状態です。

 これは、2型糖尿病の重大な要因の一つ。大人だけでなく子どもでも当てはまるようなケースがあります。『糖脂肪』よりお届けします。

「子ども」の肝臓が太っている

 肥満の人が脂肪肝である確率はそうでない人に比べて5~15倍高い。また、2型糖尿病の人の85%に脂肪肝がある。糖尿病を発

もっとみる
「2型糖尿病」診断10年以上前から進んでいる現実

「2型糖尿病」診断10年以上前から進んでいる現実

 糖尿病を患う人の大部分を占めるのが2型糖尿病。徐々に血糖値が上がっていき、自覚症状が出る前に血液検査で判明することが現在では多いとされ、10年以上血糖値が正常に見えても着実に進行していることがあります。注意したいのは肝臓への中性脂肪の蓄積。『糖脂肪』よりお届けします。

太った肝臓×太った筋肉×太った膵臓ー「標準体重」でも油断できない

 2型糖尿病はおもにインスリン抵抗性が大きくなることで起こ

もっとみる
メンタルがどんどん弱くなる人と強くなる人の差

メンタルがどんどん弱くなる人と強くなる人の差

 豆腐メンタルの持ち主の40代女性ライター高木が、元自衛隊メンタル教官で心理カウンセラーの下園壮太先生に率直に心の悩みをぶつけた『とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?』。

 高木の「とにかくメンタル強くしたいんですがどうしたらいいですか?」という最初の質問に下園先生から返ってきた言葉が、

「このままではメンタル弱くなりますよ」

 いきなり出鼻をくじかれて始まった取材。今

もっとみる
腹囲91cm「自分の糖尿病に気づけなかった」医師の戦慄

腹囲91cm「自分の糖尿病に気づけなかった」医師の戦慄

 予備軍も含めると日本で約2000万人が罹患している糖尿病と肥満は、じつは同じ一つの疾患です。ただ、「すべての医者がそれをわかっているとはかぎらない」と指摘するのは、全米シリーズ100万部、医学界の定説を覆したと評される『糖脂肪』の著者で、医学博士のジェイソン・ファンさん。

 実際に医師が自分の糖尿病に気づかなかったケースから、糖尿病や肥満の健康リスクについて本書よりお届けします。

「医師」

もっとみる
食後に眠くなる人に知ってほしい「食べ方」7ルール

食後に眠くなる人に知ってほしい「食べ方」7ルール

 お腹がいっぱいになるまで、それもカロリーも気にせず食べていい。それでも体重を維持して血圧や血糖値の上昇を避けられる、緩やかな糖質制限を意味する「ロカボ」という食べ方があります。

 提案しているのは北里大学北里研究所病院副院長・糖尿病センター長、山田悟さん。山田さんは、食後に血糖値が急変動する影響により生じる「眠くなる」「だるくなる」などの体調不良を「糖質疲労」と名づけ、警鐘を鳴らしています。

もっとみる
悩む「あなた」を守る「もうひとりのあなた」の正体

悩む「あなた」を守る「もうひとりのあなた」の正体

「部屋が片付けられない」「忙しくて時間がない」

「相手に思ったことが言えない」「お金が貯まらない」

「がんばっているのに成果がでない」……。

 あなたが、なかなか解決できないこと。いつも問題を繰り返してしまうこと。これらの問題や悩みは、心の中に住む「もうひとりのあなた」が引き起こしていたのです。

 あなたの知らなかった「あなた自身」の謎を解き明かしながら、誰かに頼るのではなく、あな

もっとみる
「1型糖尿病と2型糖尿病」の違いを知っていますか

「1型糖尿病と2型糖尿病」の違いを知っていますか

 糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病の2種類があります。そのメカニズムも含めて基本から整理してみました。『糖脂肪』よりお届けします。

糖尿病の種類

 糖尿病はメタボリック症候群の一種で、慢性的に血糖値が高くなる「高血糖症」(hyperglycemia)が特徴である。接頭辞の〝hyper〟は〝過剰な〟という意味で、接尾辞の〝emia〟とは〝血中の〟という意味である。つまり、高血糖症とはその名のとお

もっとみる
疲れが抜けない人に知ってほしい「食事」の超重要度

疲れが抜けない人に知ってほしい「食事」の超重要度

 たくさん寝ているはずなのに毎朝ベッドからなかなか出られない。何をしても不安と疲れが消えない――。こんな慢性疲労に悩んでいる人がいます。対処法はあるのでしょうか。

 生物学的に”疲労”とは、エネルギーの供給と需要のバランスが崩れた状態のことを言います。そして、エネルギー不足の要因がいくつかある中で重要なのは「疲労はミトコンドリアを中心として発生する」ということです。そのメカニズムを理解しなければ

もっとみる
寝る人が「夢」を見る時、身体はどうなっているか

寝る人が「夢」を見る時、身体はどうなっているか

寝ている間に見る「夢」。はっきりと内容を覚えていることもあれば、全然記憶に残らない時も。そんな夢を見るメカニズムをご存じでしょうか? 脳や身体に夢は必要なのでしょうか?

 スウェーデン・ウプサラ大学の神経学者と健康問題を20年追ったヘルスジャーナリストが、人間の生活に欠かせない睡眠のさまざまな謎を解き明かした『熟睡者』から一部抜粋、再構成してお届けします。

◎オススメの記事

外見で「夢を見て

もっとみる