Sunmark Web

サンマーク出版が運営する「人を照らすメディア」。人々をあたたかい光でぽっと照らすような…

Sunmark Web

サンマーク出版が運営する「人を照らすメディア」。人々をあたたかい光でぽっと照らすような、陽気なメディアに育てていきます。人生、仕事、心、体などをテーマに毎日1〜3本の記事を配信。人気作家さんたちの連載も準備中です!

マガジン

  • Essay – エッセイ

    Essay – エッセイ

  • Book – 本

    Book – 本

  • Business – 仕事

    Business – 仕事

  • Kids – 子供たち

    Kids – 子供たち

  • Human – この人

    この人

Essay – エッセイ

Essay – エッセイ

くわしく見る
  • 36本

頼みごとに「忙しいので」と断るよりもカドが立たない言い方のコツ

 仕事を頼まれた時やプライベートな誘いを受けた時、上手に断れない人は少なくありません。言い方によってはカドが立つこともありますが、「断る=拒絶」ではないということにも注意が必要です。  どうやって上手に断ったらいいでしょうか? 「よけいなひと言」を「好かれるセリフ」に言いかえるパターンを141例、15章のシーン別に分けて解説しているロングセラー『よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑®』より、今回は「断り方」の言いかえパターン(×よけいなひと言、○好かれるひと言

スキ
8

ニュースを読んで「わかった気」になっていませんか

 戦争が勃発した。株式市場が暴落した。画期的な新技術が開発された。スポーツの勝敗が決した。殺人事件が起きた――。  こうしたニュースが報じられた時、その理由が短く記されているケースがあります。それを頭から信じ切っていないでしょうか。  何年も前から「ニュースなしの生活」を送っている著者が、みずからの体験をもとに、「ニュースダイエット」の方法と効用について語り尽くした『News Diet』よりお届けします。 「短いニュース」ほど危険性が高くなる!?  世界は複雑で躍動的

スキ
3

「3」と「4」の間にある「人間の脳が処理できる情報」の意外と大きな壁

 1対1あるいは3人の場なら話せるのに4人以上になると途端に話しづらくなる。そんな経験はないでしょうか。 「多くの人は4人以上の場が苦手」と指摘するのは京都大学で3000億以上の人間の行動パターンを分析した岩本武範さん。なぜ「4」人以上なのでしょうか。 「4人以上の場で会話が苦手になる…じつはみんなそう」(5月18日配信)に続いて、岩本さんが「人が増えるほどイヤになる」原因と対策を徹底解説したロングセラー『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』よりお届

スキ
12

ハンガリーのズバ抜けた「少子化対策」に日本人の僕が思うこと

 ハンガリーでは子供を産むと1人目から減税となり、4人産めば所得税がゼロに。そして、子どもにも投票権を与えようとした動きがあったそうです。  「日本において常識とは考えられていないこと」が、実は「世界の常識となっていること」は意外と少なくありません。48例に及ぶ世界のシン常識をまとめた『シン・スタンダード』よりお届けします。 4人産めば所得税ゼロ!? ハンガリー式少子化対策  ハンガリーが少子化対策に充てている予算は、GDP比にして日本の約6倍だという。  そして、そ

スキ
8

Book – 本

Book – 本

くわしく見る
  • 19本

【オススメの1冊】ほとんど動かなくても24時間「勝手にやせる体」になれる

こんにちは。 本とTREE編集部です。 梅雨が始まって雨が続くと、 室内で過ごす時間が 自然と増えてきますよね。 そういうときは、 どうしても運動不足になりがち。 「最近ちょっと体がダルいなあ…」 「あれ…ちょっと太ったかも?」 という不調に悩まされることもあります。 私も油断するとすぐ お腹がポッコリしてしまいます。 暴飲暴食したわけでもないのに、です。 実際に、年を重ねるごとに 前よりやせにくくなったかも、と 感じることが増えました。 こうお話されるのは 『や

スキ
20

【大人気企画】実用書の「売れる表紙」を徹底調査!~BOOK TALK vol.5

Sunmark Web 「BOOK TALK」は、サンマーク出版のPR戦略室で働く新井俊晴と杉本耕亮が、「本の世界」で働く人たちの奮闘記をお届けする対談記事です! 前号では、書店さんの売り場を盛り上げる重要アイテム「POP」について考えてみました!本と一緒に置かれている「1枚の紙」が本の運命を左右するという事実に、あらためて気を引き締め直した2人です。 本の運命を変える!売れるPOP、売れないPOP ~BOOK TALK vol.4 はこちら! さて、以前に特集しまし

スキ
28

【ブックランキング】2024年上半期ベスト10をご紹介!

こんにちは! 「本とTREE」編集部です。 ちょっと前に 「1年の目標」を立てたと思っていたら、 あっという間に「真夏日」が連続する日々。 早いもので今年も、もう半年が経ちました。 そしてこの半年間にも、 たくさんのベストセラーが生まれ、 全国の書店さんを華やかに彩りました。 そこで本日は、発表されたばかりの ** ┈┈┈┈┈┈** 2024年上半期 ブックランキング ベスト10 ** ┈┈┈┈┈┈** をご紹介いたします! 3月には書籍が原作の ホラー映画がヒットし

スキ
46

最高のチームをつくる「ストイックさとファミリーさ」~BOOK TALK 特別編・後編

Sunmark Web 「BOOK TALK」は、サンマーク出版のPR戦略室で働く新井俊晴と杉本耕亮が、「本の世界」で働く人たちの奮闘記をお届けする対談記事です! サンマーク出版は現在「営業職」の募集を行っております!https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-351562-1-2-1/ 前編「出版社の書店営業ってどんな仕事?」では 具体的に出版社の営業部員がしている仕事について、ご紹介いたしました。 BOOK TALK 特別編・前編 「出版社

スキ
24

Business – 仕事

Business – 仕事

くわしく見る
  • 96本

「会社辞めたい」と思った人は、その本音から目を背けてはいけない

 転職をきっかけに人生がうまくいく人とそうでない人がいます。 「その差は本音で挑んでいるか、その本音を転職活動のステージ0で磨く必要がある」と指摘するのは、日本初かつ唯一の「退職学®︎(resignology)」の研究家、佐野創太さん。  転職希望者の多くはどこかモヤモヤしています。それはなぜなのでしょうか? 佐野さんの著書『「会社辞めたい」ループから抜け出そう! 転職後も武器になる思考法』よりお届けします。 小さいモヤモヤを放っておくと、フリーズしたパソコンのように心

スキ
52

Kindleで賢く本を読む術、「ペーパーホワイト」か「ファイア」か迷ったら

 「電子書籍を活用すると読書量が増える」  そう話すのは『読書脳』の著者で精神科医の樺沢紫苑さん。樺沢さんはアマゾンの電子書籍端末、Kindleを愛用されています。  電子書籍に興味はあってもどうやって読んだらいいかわからないと思っている人も少なくないでしょう。今回は『読書脳』より樺沢さんが実際に日々使っているKindleについて、その選び方やハイライト活用法、裏技をご紹介します。  仮にKindleをお持ちでなくても、スマホやタブレットで「Kindle無料アプリ」を

スキ
12

あなたや家族を傷つける「悪いお金」と「質のよいお金」の決定的な差

「お金によって性格は違う」  『お金は君を見ている 最高峰のお金持ちが語る75の小さな秘密』の著者キム・スンホ氏は、そう言います。  みずから稼いだお金もあれば、あぶく銭のように手にしたお金もあるでしょう。そうしたお金との向き合い方とは?  お金によって性格は違うお金は、それがどう作られたかによって性格も違ってくる。お金ごとに特徴があるのだ。頑固なお金もあれば、肝の据わったお金もあり、だらしないお金もある。家でじっとしているのが好きなお金もあるし、いったん外に出ると永久

スキ
25

GEが人材を圧倒的に成長させる「鍛え方」の秘訣

 ビジネスの世界では「特別な理由はわからないが、同業界あるいは異業種に人材を輩出している」という会社があります。GE(ゼネラル・エレクトリック)もその一つ。その秘訣とは――。 『新版 究極の鍛錬』よりお届けします。 人事と究極の鍛錬 すべての企業が偉大な存在になろうとしているわけではない。それが厳しい現実の姿だ。しかし、究極の鍛錬の原則は、本当に偉大になろうとした企業にとって何が必要かを明確に示している。 一方、沈まないように懸命に水面下で足をかいていて、壮大な構想を考

スキ
8

Kids – 子供たち

Kids – 子供たち

くわしく見る
  • 21本

特別な勉強なく運動だけさせた小学生たちの成績が一様に上がった秘密

 子どもの成績を伸ばすためには、机に向かってひたすらに勉強するしかない――。  最新の研究では別の結果が出ています。必要なのはむしろ外に出て身体を動かすこと。  スウェーデンの精神科医アンデシュ・ハンセン氏が、運動が脳にどんな影響を与えるかをテーマに、効果の高い身体の動かし方やそのメカニズムをまとめた『運動脳』からお届けします。 普段は運動しない肥満気味の小学生たちを外で運動させた  アメリカの研究チームは、次のような試みを行っている。スポーツをまったくせず、自由時間

スキ
12

6年生の勉強時間、学習への取り組み「SAPIX流」の作法

 中学受験に挑む小学6年生。どのような方針で、どれだけの勉強時間を充てて、どうやって学習の精度を上げればいいのでしょうか。  『SAPIX流 中学受験で伸びる子の自宅学習法』よりお届けします。 6年生前半に基礎を固め、後半は入試に向けて準備を進める  6年生は「受験学年」といわれます。この1年間をどのように過ごすかで、最終的な結果が大きく変わってくるのは間違いありません。  とはいえ、6年生の前半の間は、引き続きどの教科も各単元の基礎を固めていくことになりますので、そ

スキ
12

SAPIX流「5年生」が取り組んでいる勉強時間の実態

 中学受験に取り組む子どもの勉強や学校選びが本格化してくるのが5年生。高度化してくる学習内容についていきつつ、積み重ねが大事な時期でもあります。どれだけの勉強時間を充てて、目標の学校の方向性を決めればいいのでしょうか。  教育・学習ライターの小川晶子さんが大手中学受験塾のSAPIX(サピックス)小学部に取材して、低学年から試験当日まで、親ができるサポートと学年別のポイントをまとめた『SAPIX流 中学受験で伸びる子の自宅学習法』よりお届けします。 コンスタントに知識と経験

スキ
15

教え方がうまい人は基本から順番に一つずつ教える

「友だちにバスケのやり方を教えているんだけどさっぱりわかってもらえない。どうしたらわかってもらえるの?」  他人にモノを教えてわかってもらうのは、大人でも難しいことです。齋藤孝さんの新刊『こんなときどう言う?事典』よりお届けします。 基本)教えるのは一度に一つだけ できる!)いちばん重要なことを最初に教える これだけでもOK)いっしょにやる <全部いっぺんに伝えない。一つずつ教える>  だれかに何かを教えるときには、ぼくはルールをつくっています。それは、「一度に教

スキ
100

Human – この人

この人

くわしく見る
  • 11本

夏まゆみさんが説いた「強みは1つあればいい」の教え

 ちょうど1年前の昨年6月21日に亡くなった夏まゆみさん(享年61)。ダンスプロデューサー/指導者としてだけでなく、指導者としても注目されていました。  夏さんをしのび、代表作のひとつ『エースと呼ばれる人は何をしているのか』から一部を抜粋し、夏さんがビジネスパーソンに宛てたエースに求められる資格の1つ「自信を持つ」にまつわるメッセージをご紹介します。 強みはたったひとつあればいい  じつは、自信を持つのはそれほど難しいことではありません。現時点で「自分に自信がないなぁ」

スキ
6

16歳で両足を失った車椅子モデル・葦原海さん(26)が退院後すぐディズニーに行って悟ったこと

 16歳の時に事故で両足を失い、車椅子で生活するモデル・インフルエンサーの「みゅうちゃん」こと葦原海さん(26)。  SNSの総フォロワー数は70万人を超え、ミラノコレクション、パリコレクションのランウェイを歩き、 MISIAさんのアリーナツアーではバックダンサーも務めたことも。  両足をなくしても、やりたいことにまっすぐに、ハッピーに毎日を楽しみ尽くす彼女の姿は、幸せとは、何かが「ある」とか、「ない」とかでは決まらないことを教えてくれます。  今回は葦原さんの著

スキ
12

国境なき医師団の僕が「自分の理解」を突き詰めた理由

 社会の国際化が進んだ今、主義主張や思想がまったく異なる人々と何らかの機会で接することもあるかもしれません。もしもそんな相手と交渉することになったら?  スーダン、シリア。イラク、イエメンなど紛争が絶えない過酷な国や地域において国際人道支援の現場で活動してきた、国境なき医師団 日本の事務局長である村田慎二郎さんは、今という視点で見て相手との共通項がなければ、時には自分のルーツをたどることも必要だと説きます。  村田さんの著書『「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つ

スキ
33

モーニング娘。の「鬼コーチ」が限界に挑ませた真意

 昨年6月に亡くなった夏まゆみさん(享年61)。数多くのアーティストの振り付けを手がけられたことで知られています。  指導者としても注目されていた夏さんの代表作の一つが『エースと呼ばれる人は何をしているのか』。一般のビジネスパーソンにも共通する「成功する人」の秘密を綴っています。  本書の中から一部を抜粋し、夏さんが着目していた人間の「底力」を引き出すため、モーニング娘。の「鬼コーチ」をあえて演じていたという秘話をご紹介します。 歴史の長いグループは、あとから入るメンバ

スキ
37